パイピング修理

レザークラフトパイピングというのは洋裁の専門用語でバイヤスと呼ぶ事もあります。そうバイヤステープのバイヤスです。縁周りを補強するために縫い代を丸めるか別布を当てて縫い合わせられていますが、革の宿命としてどうしても経年劣化してきてしまいます。底に穴があいてしまいますからバッグとしては用を足さなくなりますし、見た目も悪くなります。10年以上使い込むと見られる現象ですが他がなんともなくきれいだと、寂しい気持ちになってきてしまいます。バッグ修理に出すとやすければ5000円を切る費用で新品同様に修理してもらえます。レザークラフトが趣味で多少革の知識がある人の中には自分で修理する人もいるでしょうが、通常のミシンでは歯が立たないですからロックミシンと呼ばれる職人用のミシンを使います。傷の状態によってはパイピングテープの交換がされますが、そうなると若干高くなる可能性も出てきます。

より強化するためにバネを芯にしている場合もありますが、素材はホームセンターで簡単に入手できますからプロ並みにはいかないまでも、店では探せないユニークなバッグにリフォームする事で楽しんでいる人もよくみかけます。よく使われる方法として素材に近いものを当て布にして違ったデザインや雰囲気を楽しむ方法もあります。

パイピングというのは洋裁の専門用語でバイヤスと呼ぶ事もあります。そうバイヤステープのバイヤスです。縁周りを補強するために縫い代を丸めるか別布を当てて縫い合わせられていますが、革の宿命としてどうしても経年劣化してきてしまいます。底に穴があいてしまいますからバッグとしては用を足さなくなりますし、見た目も悪くなります。10年以上使い込むと見られる現象ですが他がなんともなくきれいだと、寂しい気持ちになってきてしまいます。

バッグ修理に出すとやすければ5000円を切る費用で新品同様に修理してもらえます。レザークラフトが趣味で多少革の知識がある人の中には自分で修理する人もいるでしょうが、通常のミシンでは歯が立たないですからロックミシンと呼ばれる職人用のミシンを使います。傷の状態によってはパイピングテープの交換がされますが、そうなると若干高くなる可能性も出てきます。より強化するためにバネを芯にしている場合もありますが、素材はホームセンターで簡単に入手できますからプロ並みにはいかないまでも、店では探せないユニークなバッグにリフォームする事で楽しんでいる人もよくみかけます。よく使われる方法として素材に近いものを当て布にして違ったデザインや雰囲気を楽しむ方法もあります。

参照HP《靴専科:バッグのパイピング修理

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket